Love

社会人におすすめな理想の恋人との出会い方!出会いが欲しい男女が実践すること

カップル画像

社会人の男女がどのようなきっかけで、現在の恋人(彼氏・彼女)と出会っているのか?

アンケート調査の結果、出会いの場で一番多かったのが、職場や仕事関連
次いで、恋活・婚活サービスという結果になりました。

1位:職場の同僚・先輩・後輩…20.6%
2位:恋活・婚活サービス…16.4%
3位:サークル・趣味・習い事…13.2%
4位:友人・知人の紹介…9.8%
5位:同じ学校…8.0%
6位:職場以外の仕事関係…6.8%
7位:合コン…5.1%
8位:SNS…4.7%
9位:街中や旅先…3.8%
10位:家族や親族の紹介…3.7%

ブライダル総研「恋愛・結婚調査」より

では、理想の恋人と出会うためにはどうしたら良いかを説明していきます!

理想の恋人と出会うなら12月と3月がおすすめ

よく、別れの季節は出会いの季節ともいいますよね。

別れが多い分、出会いが多くなるだけでなく、美女やイケメンと出会う機会が多くなります!

実際、出会いのチャンスは、12月3月に多いことが判明しています。
クリスマス前、春の新しい出会いや環境の変化は、恋人二人の考え方の違いが生まれやすいため、別れる人が多いんでしょうね。

12月と3月が狙い目な大きな理由は、別れた美女やイケメンが多いだけではなく、失恋した後は自己評価が下がっているので、自分と比べて上目の美女やイケメンを付き合えるチャンスがあることです!

基本的に人は、自己評価に基づいて、相手との関係を決めていきます
つまり、自分を80点だと評価していたら、80点(理想)の相手を求めます。

ところが、人は、失恋すると自己評価が下がるため、普段は80点くらいの相手も50〜60点に下がっています。
なので、自分の評価50〜60と低くても、美女やイケメンと付き合いやすいということです!

出会いの場を選ぶポイント

出会いの場として、合コンやパーティー、知人の紹介などの様々な出会いの場があります。

相手は出会う人数によって、あなたを選ぶ基準が変わってきます。

多くの異性と会話するような場で、相手を選ぶ要素を調査したところ、見た目でわかるような外見や年齢を重視していたことがわかりました。

一方で、少ない異性と会話するような場では、職業や学歴、性格や好みなど内面的な要素を重視していたことがわかりました。

なので、見た目やスペックに自信がある人は、大人数の出会いの場を選ぶとモテやすくなります!
見た目に自信がない人や内面的なところを知ってもらいたければ、より少人数の出会いの場を選びましょう!

おすすめの出会いスポット3選!

  • 小さなバーやカフェの常連になる
    (店員さんと仲良くなったり、友達が働いていても、紹介されやすい。)
  • 相席などで声をかける
    (「隣いいですか?」などから始めてみる。)
  • コミュニティや習い事を始める
    (同じ目的を持った人が多く、接触回数も増えるため、有効。)

ルックスと内面、どっちを磨く?

ルックスも大事。
実際はどこまで大事?
合コンの現場調査で、約1万人を調査。パートナーを捕まえた人にどんなことが必要だったかを聞いてところ。
モテた女性の34%が身体的魅力(顔やスタイル)
モテた男性の18.4%が身体的魅力ただただ魅力がいい人だけでは決定的とはならない。
合コンなどの場では、内面的よりも外見的な魅力が大事。
外見を磨くのも大事だが、他の部分を磨くことで外見の差は乗り越えられるとも考えらえる。(考え方、姿勢、親切さ)

外見的な魅力は短期的な出会いの場で大切。
では、外見に自信がない場合場合、内面的な魅力を伝えるのに3ヶ月はかかる。
むしろ友達のような関係から出会うのがおすすめ。

友達の紹介で会う場合、友達としてあう。会話や性格から内面的な魅力をアピール
重要なのは、頭の良さ。返がうまい、クリエイティビティ、ユーモア
創造性のレシピ(リンク)

より理想な人と出会いたければ、マッチングアプリがおすすめ

仕事も忙しい、もっとスペックの高い人と出会うには、、
出会い系サイトです。マッチングアプリです。
オフラインの人と、オンラインの人と理想の人にどちらに会えるかの研究では、オンラインの方がよかった。
その違いは、65%オフラインでリアルでパートナーを見つけている。
年収を高い場合に絞った場合、出会い系サイトの方が多かった。
収入が高い人、学歴が高い人もアプリの方が高かった。
いい出会いはオンラインが多い。
みなさんそれに気付いていないため、ブルーオーシャン
出会い系で付き合ってもすぐ別れたり遊ばれるんでは?
出会い系の方が離婚率が低かった。
今の時代は、オンラインとオフラインと併用。

理想な人と出会うには、行動しましょう。
理想な人はどういうところに行くんでしょうか?
ある程度若くて、年収が高い人は、頑張って働いている人が多い。忙しい人がほとんど。
例えば、ゴルフ教室、朝かな?夜かな?など考える、曜日は?。美味しいレストラン。

複数同時ではなく、一人に対してアプローチ

出会いを求めて、何人も同時にアプローチは避けるべき。同時並行はだめ
一途の方がモテる。浮気性はバレやすい。
「あの子しかいない」「あの子もこの子もいいな」と答えるのは、複数答える方が、何かを見抜かれていて、一人を選ぶより人気がなかった。
相手がどれだけ好きなのか、相手にどれだけ好きなのかは人は意外と見抜いている。

理想の相手と出会える確率

理想の相手と出会える確率。
100万回外出して、3〜4回しか会えない。数学者がロンドンで理想の女性と会える確率を計算した。
幅広い女性に対象下にもかかわらず、0.0000034
理想の相手を追いかけても馬鹿げていることがわかる。
では、理想の出会いはダメなのか?
理想の出会いを求めて、全てを可能性を0にするよりも、ある程度理想の人をゲットしましょう
大事なのは、付き合ってから人は理想の人は変わっていく。
出会った相手が、段々理想の人になるのが楽しいし、いい。

自分の理想はどこまで追い求めるべきか
自分の状況によっては合うパートナーは変化する。
今と10年ごと比べて変わっているのか?全然違うと思っている人、ほとんど一緒と思っている人。
違うと思っている人、人生の目標や趣味が似ている人を選ぶ。
一緒と思っている人は、どんな人でも変わらなかった。

付き合った人は理想の相手になる?
500人くらいに対して、付き合った人にそのご5ヶ月後、どうして恋人にしたかを聞くと、理想のタイプを聞くと、基本的に5ヶ月前に理想の人に近しい相手と付き合っていた。
理想は出会いのきっかけになる。
現在の好きなタイプは今付き合っている人の恋人の特徴に当てはまっていた。変化させてします。
相手の理想に寄せるのは、初期の頃は重要。
単純接触効果で、合っているうちに、自分の理想は変わっていくので、ある程度の関係になったら
自分の好みは今まで付き合った人で構成されている。
会えない人はどうしたらいい?友達を選ぶべき!人間は周りの影響を受ける。50%が遺伝子、50%が環境で変わる。自分の出会いが良くなるようになるために関わる人を選ぶ。